「天然の抗生物質・GSE」を使って健康と生活に役立つ情報をお届けします

今、GSEで手荒れ知らず!安心安全な消毒液として活用したい!

2020/04/10
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「GSE」をキッチンの消毒用スプレーとして使う方法をお伝えしましたが、その活用場所はキッチンだけではありません。

 

今世界中で「コロナウイルス」が猛威を振るって、たくさんの人の健康や生活を脅かしています。

 

そして、今、GSEが、品不足なっているアルコール消毒液の代用として、また、アルコール消毒の手荒れでつらい思いをしている人の助けになってくれたら、こんなうれしいことはありません!

 

果たして、「GSE」がコロナウイルスに効果的かどうか・・・それはまだ詳しい研究結果が出ておりませんが、巷で不足しているアルコールの代用品として使用できるという話題(正式な研究機関での検査結果)も出てきています。

 

そこで、毎日の暮らしの中の、あらゆる場面で「GSE」を大活躍させるその使い方と「GSE」は本当に除菌効果があるかについて詳しく調べます。

 

スポンサーリンク

消毒薬の代わりの塩素系漂白剤・気にならない?

 

 

アルコールが不足している今、アルコールの代用品として注目を浴びているのは「ハイター」などの家庭用塩素系漂白剤を使った消毒液です。

 

塩素系漂白剤でしたら手に入りやすいものですし、作り方も簡単ですからお手軽ではありますが、気になるのは、「口に入れて問題あるものを希釈して家じゅうに使うこと」です。

 

これは私自身の単なるこだわり・・なのかもしれませんが、できることなら「小さい子供のが消毒した場所をなめても心配のないもの」を使いたいと思うのです。

 

ですので、大人ばかりの家庭でしたら何の問題もないのかもしれませんが、小さいお子さんがいるご家庭では、できることなら不安を感じないものを使ってほしいなーーと、私個人の意見ですが思っています。

 

そこで、私がお勧めしたい消毒方法は「GSE」を希釈したスプレーを使うことです!

 

スポンサーリンク

GSEは消毒液として有効か?

 

我が家では消毒スプレーと言えば「GSE」ですが、果たしてGSEが消毒液として本当に有効なものなのでしょうか・

 

その裏付けが欲しくて、巷でGSEを使った消毒スプレーで販売されているものを調べてみました。

 

まず、一つ目は「フマキラー」の商品です。

 

フマキラーの「ウイルシャット ノンアルコール除菌プレミアム(アルコール不使用)」は新型コロナウイルスと類似するネコ腸コロナウイルスへのウイルス不活化試験を外部試験機関(一般財団法人北里環境科学センター)にて実施し、その効果を2020年2月19日に確認した・・・と発表しました。

 

コロナウイルスは脂質二重膜をもつエンベロープウイルスであり、当社製品はこの脂質二重膜を溶解することで、ウイルスを不活化させることができるため、ネコ腸コロナウイルスへの効果を確認した当社製品3品については、新型コロナウイルスに対しても同様の効果を発揮すると考えております。

 出典 フマキラーHP

 

そして、もう一つは、クリア電子株式会社のクリアンスEXという商品で、成分は水とGSEだけです。

 

クリア電子株式会社のクリアンスEXもまた、北里大学医療衛生学部臨床微生物学研究室の教授・医学博士である田口 文章氏によって、ウイルス不活化定量試験を実施して、GSEのコロナウイルスへの有効性を証明しています。

 

すべてのウイルスに対して抗ウイルス効果を発揮する事が出来ます。

ウイルスのエンベロープに付着し、エンベロープを構成している蛋白皮膜に対して浸透圧差でエンベロープ内の水分を吸い出し、蛋白皮膜を破壊します。もちろんウイルスに限らずバクテリアやカビ類の細胞膜も同様の原理で破壊します。

●実証実験の結果について※2 北里大学医療衛生学部臨床微生物学研究室の教授・医学博士である田口 文章氏によって、ウイルス不活化定量試験を実施。試験品の液にウイルス-A(薬機法の遵守から具体的なウイルス・細菌名の記載は控えさせていただきます)1/10の量を加えて、作用時間は5分間、30分間、3時間の経過測定し、試験品のウイルス不活率を求めました。

 出典 クリア電子株式会社

 

この二つの商品の説明を見ても、「GSE」がウイルスのエンベロープを破壊してしまうことを正式な研究機関で実証されています。

 

コロナウイルスそのものを実際に使用した研修結果ではないので、強く「GSEを使えばコロナウイルスは怖くない!」と言い切れるものではありません。

 

ですが、全く個人的な主観ではありますが、その専門機関での検査結果はとても信頼できるものだと思いました。

 

GSE消毒をお勧めする理由 手荒れについて!

 

 

「GSE]を除菌スプレーとしてお勧めする訳は、もちろん効果があることがはっきりしたからですが、それにプラスして手荒れを起こさないからです。

 

最近、アルコールスプレーを頻繁に使った方の中で、ハンドクリームを手放せないという声をよく耳にしますし、もともと何らかの皮膚疾患があってアルコールが苦手な方はたくさんいらっしゃると思います。

 

アルコールは水分を奪って乾燥させるので、そんなに肌トラブルを抱えていない人でも、頻繁に使うと手荒れを起こします。

 

元々皮膚疾患がなくても、これだけ頻繁に手洗い除菌をしていたら、手荒れがひどくなってカサカサしていたり、もっとひどくなると、ひび割れまで起こしてしまうでしょう。

 

毎日の台所仕事は本当につらくなりますよね。

 

そんな状態が少しでも良くなるために・・・・私は「GSE」で消毒スプレーを作ることをお勧めします!

 

スポンサーリンク

「GSE」で消毒スプレーを作る方法

 

 

市販されているGSEスプレーの内容から見てみましょう。

 

フマキラーのウイルシャット ノンアルコール除菌プレミアム(アルコール不使用)の成分は、精製水とGSEとPH安定剤です。

 

クリア電子株式会社のクリアンスEXの成分は、精製水とGSEだけです。

 

PH安定剤がどの程度の効果があるのか、その辺の詳しいデーターがないので、PH安定剤は不必要だと言い切ることはできませんが、クリア電子株式会社のクリアンスEXは精製水とGSEだけで効果が出ていることを証明していますので、一般家庭では水とGSEだけで充分だと思います。

 

用意するものは、「水」「GSE」「スプレー容器」・・・これだけです。

 

「GSE」は少量でも十分効果の出るものですから、100mlに対して、1mlの「GSE」を垂らして混ぜるだけで出来上がります。

 

家庭用に大き目のボトルと、そして携帯用に小さなボトルを準備していたら安心ですよね!

「GSE」スプレーの使い方

 

「GSE」スプレーの使い方ですが、普通にアルコール消毒をするときと同じように使って大丈夫なのですが、お勧めの使い方がありますのでご紹介します。

 

「GSE」はグレープフルーツの種のエキスをグリセリンに溶かしたものです。

 

グリセリンの比重が高いので水に溶かした時、時間の経過とともに下に沈みがちなので、スプレーをする前にボトルをよく振りましょう。

 

振ってからスプレーすることを習慣づけていたら、まんべんなくGSEが混じったもので、簡単除菌ができます。

 

スポンサーリンク

おススメのGSE

 

私が普段使っているもので、使い勝手やコスパがいいのでおススメなのは、NutriBiotic社のGSEリキッド 2オンス(59ml)」です。

 

 

私は普段、アメリカのサプリメント専門の通販サイト「アイハーブ」で購入しています。

 

注文してから到着するまで、約1週間で到着するので便利です。

 

 

もしアイハーブで購入するときは、紹介コードAAV7173を入れていただいたら割引がありますので、ぜひ、お使いください。

 

【5%もらおう】iHerbの紹介コード

 

アイハーブには紹介コードというものがあって、そのコードを支払い画面で入力すると割引があります。

 

サイトは全部日本語ですから、全く難しいことはないと思います。

 

私の紹介コード(よかったら使ってください)  👉AAV7173

新規、リピーターの方のどちらも、紹介コードを使うと、5%の割引を受けることができます。

紹介コードの使い方は簡単です。

カート決済画面に、「紹介コードの入力欄」があります。 そこに、紹介コードを入力すればOK。

私も注文するときは、どなたかの紹介コードを入れさせてもらって5%offで購入しています。

 

また、日本で「GSE」を購入する場合のサイトもご紹介しますね。

アイハーブで購入するより少々割高にはなりますが、もし、海外から商品を注文するのに抵抗があるという方は、Amazonや楽天での購入をお勧めします。

 

アイハーブは「GSE]だけでなく、興味深い商品がたくさんあります。

 

私がよく注文しているのは、Flora, 有機認可フラックスオイル(亜麻油)、17液オンス(500 ml)です。

 

ちょっとお高いのですが、これをサラダにかけると、アレっ!というくらいサラダが美味しくなりますよ。

 

また、人気のココナッツオイルも種類がたくさんありますので、よかったらお試しください。

 

まとめ

 

グレープフルーツの種のエキス「GSE]は、正式な研究機関によってその効果を認められました。

 

「ウイルスのエンベロープに付着し、エンベロープを構成している蛋白皮膜に対して浸透圧差でエンベロープ内の水分を吸い出し、蛋白皮膜を破壊します。もちろんウイルスに限らずバクテリアやカビ類の細胞膜も同様の原理で破壊する」

 

このことが正式に証明されたことで、日常生活での除菌に効果的なことがわかりました。

 

今の段階では、新型コロナウイルスと類似するネコ腸コロナウイルスへのウイルス不活化試験を外部試験機関(一般財団法人北里環境科学センター)にて実施し、当社製品3品について、その効果を2020年2月19日に確認した。

 

ということですから、似た形の新型コロナウイルスにも絶対に効果があると言えるものではありません

 

ですが、私たちが日常でできる対策として、「GSEスプレー」は選択肢の一つに入れてもいいのではないかな・・と思っています。

 

そして、作り方ですが、調べたところ、市販されているものは1%の濃度で作っているようですが、ご家庭ではそこまで神経質にならなくても、100mlに対してだいたい1%以上になるくらい、ポタポタといれたらいいと思います。

 

アルコールが手に入りにくい方や、塩素系漂白剤を使いたくない方、そして、手荒れに悩んでいる方、よかったら試してみてください!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© How to use GSE! , 2020 All Rights Reserved.